2014年12月25日

イルミネーションの季節到来

今年もユジノサハリンスクではこの季節の夜を彩るにイルミネーションの点灯が始まった。
一年を通して最も色鮮やかな夜の到来です。
conv0020.jpg
街中各所にで輝くイルミネーションのモニュメント
conv0011.jpg
conv0010.jpg
posted by ブログ担当 at 08:17| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

ユジノサハリンスクの白い悪魔?

日本各地に大きな被害をもたらした爆弾低気圧。
ここユジノサハリンスクでも16日夜半から18日にかけて猛烈な暴風雪が街を襲撃!・・・?
その影響で17日未明には通信を除く全てのライフラインが20時間ほど完全ストップ。
いつもの事ながら、冷凍庫に貯蔵してある食材(日本から運んできた)の鮮度の事が気になったのは私だけなのでしょうか?
conv0001.jpg
轍に填まりスタックする車(19日朝アパート前)と、その夜やっと始まった除雪作業
conv0002.jpg
posted by ブログ担当 at 23:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

サハリンは大陸へのゲートウェイ(ユーラシア大陸への渡り方 2014年8月)第7回

今回のレポートもいよいよ最終回。
超難関だったワニノからサハリンへの渡航手続きについてお伝えします。
その前に、往路でお伝えできなかったワニノの街をチョトだけご紹介。
地名ワニノは1874年にこの地を訪れた地質学者ヴァニナに由来。
港は奥深い入り江に建設された天然の良港で、そこを望む北側の斜面に市街地がある。
人口は1万7千人程。バム鉄道も通る極東ロシアの重要港湾都市。
conv0027.jpg

往路同様、先ずは事前にダリ・トランス・サービス社(DTS)ワニノ支店へ出航時刻の確認と予約の電話を(ロシア語か英語が基本)。
だが、ロシア語も英語もアウトの場合は、直接港の検問所の係員等に身振り手振りで乗船希望を伝え、DTS社へ連絡してもらうしかない。
何故なら、困ったことにDTS社ワニノ支店は検問所から先、暫らく行った港湾敷地内にあるためだ。
住所:ワニノ市ジェレズノドロジナヤ通2
TEL/FAX:7-(42137)-65-0-35  携帯:8-914-758-74-49
conv0028.jpg

出航予定は翌日の午前11時。朝8時30分、DTS社員と検問所の前で待ち合わせ。
社員に連れられ検問所右横の港湾通行許可局で入港許可書の発行手続き。
ところが、最初の申請では入港許可書が下りず!書類の記載ミスなのか? とにかく意味不明。
言われるまま、パスポート、車両登録書等をDTS社員へ預ける。チョッと不安。そして、社員は税関局へ。
やっとの事、理由が分らぬまま許可書が発行される。その間、1時間30分を要する。
流石に、言葉の壁の大きさを痛感。
conv0029.jpg

2ヶ所の検問所を通過しDTS社にて乗船手続。支払いはルーブル。
※写真上は検問所の横にある税関局。写真下がDTS社ワニノ支店。
conv0030.jpg

3つ目の検問所を通って乗船待機場へ。
ところが、有るはずのフェリーの姿は何処にも無く、到着が遅れているとの事。結局、到着は午後2時過ぎ。挙句の果てに、船内から貨車を引き出す機関車の手配が遅れたらしく、貨車は船内に残ったまま。
乗客は、とにかく待ち続けるしかない。
conv0032.jpg

時間を持て余したロシアのトラック野郎に誘われプチ宴会。
午後4時半過ぎ、機関車が到着。宴会もお開きに。
conv0033.jpg

出航は予定より7時間遅れの午後6時過ぎ。DTS社員との待ち合わせから9時間30分。
何より驚いたのは、文句も言わず黙って待ち続けたロシア人の忍耐強さ。決して日本人には真似のできない技?
conv0034.jpg

帰りのフェリーで知り合ったイタリア人とドイツ人のライダーの二人。
二人とも、数日、ユジノサハリンスク滞在した後、日本を経由しオーストラリアを目指すとの事。
ユジノサハリンスク市内での宿泊と日本への渡航手続きをお手伝い。
稚内市サハリン事務所が入居するビル前で記念写真。
conv0035.jpg

これで、大陸へのツーリングレポートはお終いです。
とにかく、何が起こるか分らないロシア。大陸へ渡るには時間的余裕と何が起きても動じない心の余裕が必要なようです。
posted by ブログ担当 at 08:46| Comment(0) | サハリンツーリング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

サハリンは大陸へのゲートウェイ(ユーラシア大陸への渡り方 2014年8月)第6回

交通量も少なく天候にも恵まれ、午後5時にはハバロフスクへ到着。
conv0023.jpg

ここで、ハバロフスクをチョッとご紹介。
ハバロフスクは極東連邦管区本部が置かれているロシア極東部の中心都市。
人口は約58万人。燃料エネルギー、機械産業が盛ん。
気候は北方に位置する内陸性気候のため寒暖の差が著しく夏は30度、冬はマイナス40度近くまで下がる日もある。
また、旧市街はもとより、ビロビジャンを始め近郊にも数多くの観光地が点在する。
写真はハバロフスクの中心市街地の様子
conv0024.jpg

アムール川で短い夏を惜しむように楽しむ市民の姿。
conv0025.jpg

サハリンの知人に連絡。ハバロフスクのバイク仲間を紹介してもらいリアブレーキの修理。
ガレージを提供してくれたアルセニイと彼女のユリヤさん。二人と一緒に記念写真。
conv0026.jpg
posted by ブログ担当 at 08:21| Comment(0) | サハリンツーリング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

サハリンは大陸へのゲートウェイ(ユーラシア大陸への渡り方 2014年8月)第5回

ワニノから約350q、リドガに到着。ハバロフスク左214qの標識。
conv0017.jpg

リドガはハバロフスクとコムソモリスク・ナ・アムーレの中間に位置する小さな集落。
交差点を起点に、ハバロフスクとコムソモリスク・ナ・アムーレ方向に、それぞれガソリンスタンド有り。
conv0018.jpg

リドガ〜ハバロフスク間に数か所ほど突然現れる数百メートルのダート。
聞くところによると、昨年のアムール川の大洪水で道が流された区間との事。
conv0019.jpg

快適とは云えないまでも、リドガ〜ハバロフスク間は概ね100%が舗装路。
conv0020.jpg

アムール川流域のガッシ湖とシンジンスコエ湖。両湖ともアムール川の中州の形成によって流域から分断されてできた湖のよう。ネットでも検索できない湖だが日本の名ある湖程の大きさ。アムール川の大きさを改めて感じた瞬間だ。
conv0022.jpg

シンジンスコエ湖畔の集落マヤク。風光明媚で、GS、マガジン、カフェも有り。休憩には打ってつけの町。ハバロフスクまで後120km程。
conv0021.jpg
posted by ブログ担当 at 08:39| Comment(0) | サハリンツーリング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

凍てつくロガトカ川

ユジノサハリンスクのド真ん中を流れるロガトカ川。
ここ最近の冷え込みで川面が凍結。まるで天然のスケートリンクの様。
残念なことですが、心無い市民による川への空き瓶等のポイ捨てがチラホラ目につきます。
ここ数年の著しいインフラ整備により頗る綺麗になった都市環境ですが、今一マナーが追いついていないのが現状のようです。
conv0001.jpg

薄氷の近くで川遊びする少年を発見!良い子は絶対に真似をしないで下さいね。
因みに、ロガトカは、『ぱちんこ(小石等を飛ばす道具)』という意味だそうです。
conv0002.jpg
写真撮影:30.11.2014
posted by ブログ担当 at 08:09| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

サハリンは大陸へのゲートウェイ(ユーラシア大陸への渡り方 2014年8月)第4回

翌朝7時、ハバロフスクへ向け出発。ホテルを出発して港沿いの道を数キロ進むと「リドガ 右345q」の標識が。
リドガまでガソリンスタンド無し。ガス欠に注意!筆者は形振り構わず、10Lタンクを背負っての走行を敢行(車両の更新時にビックタンク購入をケチったツケが今になって・・・)。
数十キロ進むとパッチワークの様な穴ボコ道路が十数キロに亘って出現。走行に注意。
conv0010.jpg

真っ直ぐに続く道と見果てぬ大地。この道がユーラシア大陸の最西端ロカ岬(約13500q)まで続いているかと思うと感慨深い。何時か必ず挑戦してみたいものだ。
conv0012.jpg

ワニノから約120qの地点の工事区間。急ピッチに進む舗装化。年内には間違いなく完成するだろう。
conv0014.jpg

ワニノから約180qの地点のドライブイン。車の修理も可能。この辺りは完成して間もない真新しい舗装路。
conv0013.jpg

ワニノから約190qの地点から始まるダート。
路面は岩石を敷き詰め転圧した超硬度な穴ぼこ路面。
振動でリアブレーキを固定するボルトが脱落。やむを得ずビニールテープで固定。
ついでに、背負ってきたタンクから給油。
conv0016.jpg
conv0015.jpg
次回へ続く。
posted by ブログ担当 at 09:47| Comment(0) | サハリンツーリング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする