2013年06月14日

サハリンの6月12日

6月12日は、日本の建国記念日に当たる『ロシアの日』
またと無い晴天に恵まれた今年の記念日。
市内各所で行われた様々な催し物に、例年に無い多くの市民が集まりました。

サヒンセンター(州政府)前に参集した多くの市民(写真上)の様子と、郷土博物館前(写真下)で開催されたプロのミュージックバンド『ブレーミヤ・ジャザ(ジャズ・タイム)』のコンサート。当日のギター担当は当地に単身赴任中のH氏。
今後の芸能活動が期待されます!?
conv0021(修整1).jpg

一方、ガガーリン公園では、アイスクリーム、トウモロコシ等を買い求める親子連れの姿かあちらこちらに。
conv0020.jpg
conv0022.jpg
posted by ブログ担当 at 18:05| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

ユジノサハリンスク 朝の通勤風景

朝8時半、ユジノサハリンスク駅近くのバス停の様子です。
バスから降り立った人達が、足早にそれぞれの職場へ向かいます。
conv0001.jpg
posted by ブログ担当 at 08:34| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

夏の予感! 今日のユジノサハリンスク

日中、23℃まで気温が上昇(体感では真夏日に近かった気がしますが)。
レーニン広場では、夕方の6時だというのに、子供は噴水池で水遊び、若い男女は上半身裸にタンクトップ。
夏の到来を予感させるサハリンの夕暮れです。
conv0005.jpg
posted by ブログ担当 at 21:40| Comment(2) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

ユジノサハリンスクの春

先週の土曜日(6月1日)、良く晴れた日の昼下がり。
5階建てのアパート群に囲まれた、ユジノサハリンスクでは、よくある小公園(中庭)での一コマ。
ベンチに佇む老夫婦と風に靡く洗濯物。
心待ちにしていた春の訪れを感じた瞬間です。
conv0001.jpg
posted by ブログ担当 at 12:28| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

ユジノサハリンスクの季節はずれの大雪

一昨日から、断続的に降り続いた雪。
この大雪で、道行く女性の足元も、ハイヒールからブーツへ逆戻り。
どうやら、サハリンの本格的な春は、まだまだ先のようです。
conv0001.jpg
posted by ブログ担当 at 08:16| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

雪解け真最中のユジノサハリンスク

春の訪れ、そして雪解け真最中のユジノサハリンスク。
ここ数年の著しいインフラ整備で街並みが一変、とても綺麗になったユジノサハリンスク。
一方、道路整備は旧態依然のままの状況?
道路排水が完備されていないため、メインストリート以外は水たまりだらけ。
脇を通る車の水跳ねが気になる今日ここ頃。
そのため、ここ1週間は形振り構わず、長靴通勤が続いています。
サハリンの待ちに待った春なのに、「冬の方が良かったのかも」と、一瞬思ってしまうのは私だけなのでしょうか。
conv0001.jpg
posted by ブログ担当 at 13:35| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

春の訪れ! ユジノサハリンスク

朝晩、未だに雪のちらつく日もありますが、日中には気温が5度前後まで上がる日も多くなったユジノサハリンスク。
天気に恵まれ、春の日差しが降り注いだ先週末の休日(13日)。
駅前にあるレーニン広場では、春の訪れを待ちわびていた多くの市民が、思い思いに春の訪れを満喫していたようです。
conv0002.jpg
posted by ブログ担当 at 09:16| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

猛吹雪の後始末

3月2日、北日本を中心に猛吹雪に見舞われ、北海道では9名の方が犠牲になるなど、悲しい事故が発生しました。
幸い、ここユジノサハリンスクでは、死者けが人もなく本当に何より。
翌日は前日の吹雪が嘘のように晴れ渡り、朝から吹雪の後始末に勤しむ数多くの市民の姿が見受けられました。
conv0006.jpg
posted by ブログ担当 at 08:07| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

久しぶりの降雪 ユジノサハリンスク

ここ1ヶ月以上、毎日晴天続きで降雪の無かったユジノサハリンスク。
昨日まで、夏タイヤでも走行できそうだった車道(2013年1月11日参照)も、昨夜未明からの雪で、一面真っ白。
これで、やっと冬らしくなったユジノサハリンスクでした。
conv0001.jpg
posted by ブログ担当 at 10:00| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

いつ終わったの? 駅員に聞いても分からない、ユジノサハリンスク駅のリニューアル

昨年春から始まっていたユジノサハリンスク駅の外装リニューアル。
昨日午後、所要で久しぶりに駅に行ってみると、足場も外され全面ガラス張りの近未来的な装いに様変わり(内装工事はまだ続いている)。
どうやら、年末年始、一時帰国していた間に工事が終わった様子。
ところが、当事務所の通訳に聞いても、駅員(3名)に聞いても、誰一人として正確なことを知りません。
『せめて、駅員ぐらいは知っててよ!』
日本から見た、『不思議の国?ロシア!』の側面を垣間見た瞬間でした。
conv0001.jpg
posted by ブログ担当 at 10:34| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

冬のレーニン広場inサハリン

例年になく、寡雪なユジノサハリンスク。
昨年末から連日、晴天続きとのこと。
但し、気温は例年になく低い日が続いていて、先週11日には氷点下32度を記録。
本日も日中の気温がマイナス15℃前後までしか上がらない中、子供たちは元気に外遊び。
一方、老夫婦は広場のベンチに腰を下ろし、ひなたぼっこしながら会話中?
「近くの建物の中で、ゆっくり話すと良いのに」と、考えてしまうのは余計なお世話なのでしょうね。
conv0008.jpg
posted by ブログ担当 at 13:05| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

雪なしサハリン

一時帰国していた年末年始、東北の日本海側と北海道を中心に猛吹雪となる日が多く、日本各地で多くの公共交通機関がマヒ。
特に北海道の稚内、留萌地域では連日大雪が続き、稚内では1月4日の昼から夕方の4時間に80cmの記録的な降雪がありました。
一方、稚内から北へ200q 程の所あるユジノサハリンスクでは、記録的な寡雪(?)で、車道に雪のない日が続いています。
宗谷海峡を挟み、日ロ雪の攻防が続く・・・?
conv0002.jpg
posted by ブログ担当 at 14:39| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

色鮮やかな、ユジノサハリンスクの冬の朝 その2

冬至間近な、12月20日、朝8時30分頃のユジノサハリンスク市内の様子です。
新年を迎える準備も概ね整ったユジノサハリンスク市内中心部は、溢れんばかりの光の洪水。
因みに今朝の気温はー25℃。今シーズン1番の冷え込みです。
出勤途中、行き交う人たちの多くは肩をすぼめ足早に通り過ぎて行く。
conv0020.jpg
conv0021.jpg
conv0022.jpg
posted by ブログ担当 at 09:24| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

色鮮やかな、ユジノサハリンスクの冬の朝

12月14日、朝8時40分、出勤途中のユジノサハリンスク市内の様子です。
時差が日本比べ2時間ほど早く、また冬至間近という事もあって、暗闇の中での出勤です。
サヒンセンター前に設置された『ヨールカ』も色鮮やか。
12月に入り、ここユジノサハリンスクでも、新年に向けた準備が着々と進んでいます。
conv0002.jpg
posted by ブログ担当 at 07:49| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

ユジノサハリンスクの行く手を阻む街路樹!

ユジノサハリンスク市内にある某デパート裏の通り。
大きな街路樹が、「で〜ん」と歩道を塞いでいます。結局、道行く人は、車道を歩かざるを得ない様子。
これも一つのサハリン流、自然保護なのでしょうか? 本当の理由は誰にも分らない?
conv0001.jpgconv0002.jpg
posted by ブログ担当 at 08:07| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする