2016年06月23日

サハリンに今も残る奉安殿(その3)

今回はサハリンの西海岸チェイホフ(旧野田町)周辺を調査。
そこで見つけた奉安殿をご紹介。

小高い丘(梅香山)の中腹に街を見下ろすように佇む旧野田国民学校の奉安殿。
奉安殿までの長く一直線に続くコンクリート製の階段が今も残っている。
現在、国民学校の跡地にはチェイホフ第1番学校が建っている。
conv0003.jpg

conv0004.jpg
住所:チェイホフ村シュコリナヤ通1

人の背丈ほどもある鬱蒼と生い茂る雑草の中に隠れるように佇む登富津国民学校(真岡郡小能登呂村)の奉安殿。
車道から、その姿を窺い知ることは先ず出来ない。
外壁には過ぎ去った時の長さを感じさせる苔がびっしり。
conv0001.jpg

conv0002.jpg
住所:不明(google mapより 北緯47.397993 東経 141.991340付近 資材置き場南隣り)
posted by ブログ担当 at 11:43| Comment(0) | 樺太時代の建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

サハリン 恐怖のマダニの季節

マダニは8本脚からなるクモに近い節足動物。
今の季節、サハリンは新緑の季節。それに連動するかのようにマダニは草むらなどで大量発生。
そのため、サハリンの保健局を始めテレビなどでも頻繁に注意喚起がなされています。
何故、マダニが恐ろしいかと云うと、ダニ脳炎やライム病を始めとする感染症を引き起こす可能性が有るという事。
とにかく、今の季節草むらに近づかないのが一番なのかも。
今の季節、良い子は決して草むらに入ってはいけません。

conv0002.jpg
ダニはこんな草むら等に生息する。

conv0001.jpg
ダニが保有する病原菌の検査はサハリン州衛生疫学センター(46-03-06)で検査可能(750R)だ。
posted by ブログ担当 at 08:10| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

6月12日はロシアの日

6月12日は「ロシアの日」。日本でいう建国記念日(?)に当たります。 1990年、ロシア共和国がソビエト連邦に対し、主権(独立)を宣言した日です。 ここユジノサハリンスク市ても、各種記念行事が開催されました。
conv0005.jpg

conv0002.jpg
posted by ブログ担当 at 14:12| Comment(0) | 街/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

サハリンの春! ライダーの季節到来

5月29日土曜日、サハリン島内から200台のバイクが州都ユジノサハリンスクに大集合。
2016年のバイクシーズン到来を祝うイベントが開催された。
初めに、集合場所のクリスタルアリーナから、シーズン中の安全祈願のためロシア正教会へ。
その後、イベント会場のコルサコフまでサハリ州コジェミャコ知事を先頭に200台の大パレード。
北国のライダー達が待ちに待ったバイクシーズンの開幕です。

Sakh.com(29.05.2016)より転写
conv0001.jpg

conv0006.jpg
posted by ブログ担当 at 14:26| Comment(0) | サハリンツーリング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

サハリンのバレエ事情 その2

先月12日にご紹介したユジノサハリンスクにあるバレエサークル「シェルクンチク(くるみ割り人形)」。
昨日、その発表会があり観劇に。
練習では、然程上手とは思えませんでしたが、本番は見事バッチリ。
流石はバレエ大国ロシアのプリマドンナのタマゴ達。
conv0005.jpg

conv0006.jpg


posted by ブログ担当 at 14:56| Comment(0) | カルチャー&スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

2016年 稚内市サハリン事務所発表 ユジノサハリンスク桜開花宣言!

昨日19日、ユジノサハリンスクでは午前中から気温がグングン上昇。
午後には夏日(25℃)を記録した模様。
その陽気に誘われてか、事務所近くの大山桜が一気に開花。
昨年に遅れる事、7日。日曜日頃には満開になりそうな気配。
稚内サハリン事務所発!ユジノサハリンスク桜開花宣言でした。

19日15時撮影
conv0001.jpg

conv0003.jpg

20日9時撮影
conv0005.jpg

conv0006.jpg
posted by ブログ担当 at 07:26| Comment(0) | まちの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ユジノサハリンスクに棲む? メタル・ティラノサウルス

長い一時帰国が明け、先週から再びサハリン勤務。公務の都合上、今年は行ったり来たりの生活が続きそう。
そんなこともあって、久々の更新になります。
さて、めっきり春らしく暖かくなったユジノサハリンスク。
そんなこともあって、朝1時間ほど早起きして散歩を兼ねた遠回り通勤。
写真は、今朝、ガガーリン公園で見つけた野外文庫を模したメタル・ティラノサウルス!
文庫正面に記載されたサイトを覗いて見ると、どうやら金属加工製品製造会社のホームページ。
公園内の広告規則がとても厳しい日本では中々見かけない光景ですね。

conv0005.jpg

conv0007.jpg
posted by ブログ担当 at 09:14| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

春、コルサコフの港

写真はコルサコフ港の一コマ。
吹く風はまだまだ冷たく、アニワ湾の先に見える山々には今も残雪があるものの、日差しは既に春そのもの。
ここ、北国サハリンもやっとの事、春の気配を感じられる今日この頃となりました。
conv0001.jpg
conv0004.jpg
posted by ブログ担当 at 15:49| Comment(0) | 街/コルサコフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

サハリンのバレエ事情

バレエ大国ロシア。
全国各地にバレエアカデミーがあり、バレエ大国ロシアを下支え。
中でも、ワガノワバレエアカデミーとボリショイバレエアカデミーが超有名。
数多くの有名バレリーナを輩出している。
一方、サハリンは、と云うと、ユジノサハリンスク市内に私的なバレエサークルが一つ有るだけ。
サークルには6才から17才までの女の子が日々レッスンに励んでいる。
がんばれ!サハリンのプリマドンナ達。
conv0001.jpg
最年長の17才の彼女は今年高校を卒業後、サンクトペテルブルグのバレエ学校に進学するとの事。

conv0006.jpg
posted by ブログ担当 at 15:44| Comment(0) | カルチャー&スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

春到来! ユジノサハリンスク

ここ数日の気温の上昇とともに、一気に雪解けが進んだユジノサハリンスク。
なが〜い、なが〜い冬も、とうとう終わりを告げた模様。
嬉しい反面、埃っぽさが目に染みる季節となりました。
conv0001.jpg

conv0010.jpg

conv0011.jpg
昨日は春一番が吹き、その陽気で市内のスキー場も滑走中止に。
デパート前では、既に自転車の展示販売がオープンしている。
posted by ブログ担当 at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

夏時間復活! ユジノサハリンスク

3月27日、午前2時。その時1時間時計が進んで午前3時に。
4年ぶりに復活した夏時間。
そのため、日本との時差は2時間に拡大。
これから夏に向け、夜10時頃まで明るい眠れない夜が続きそうです。

写真は、27日レーニン広場で開催された夏時間復活を祝うコンサート。
conv0001.jpg
conv0002.jpg
posted by ブログ担当 at 07:55| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

旧王子製紙落合工場(サハリン州ドリンスク市)

王子製紙落合工場の始まりは、1917年4月に日本化学紙料が日本初のクラフト専門工場として、当時、家屋十軒程の小さな集落であった落合において操業した事に始まる。
以後、1922年6月に富士製紙との合併、1933年5月の王子製紙による吸収合併を経て、終戦後はソ連の国営企業として操業を続けていた。
しかし、ソ連邦崩壊以降、著しく経営が悪化、1995年には操業を停止した。
現在はドリンスク市内へ温水と暖房を供給する施設として稼働している。


conv0001.jpg
撮影:2013年8月16日

枕木だけが残る引込線の跡、そして70年という時の流れを感じさせる庇を覆う樹木。
conv0011.jpg
撮影:2013年8月16日

現在は廃墟となっている赤レンガの建物。レンガの壁に刻まれた標章は化学紙料のものだろうか。
conv0010.jpg
撮影:2015年12月20日
posted by ブログ担当 at 10:40| Comment(0) | 樺太時代の建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

ユジノサハリンスクのナイタースキー

ユジノサハリンスクの中心市街地に隣接するゴルニィ・ヴォズブフ(山の空気)スキー場。
何と! FIS公認のアルペン国際大会(回転、大回転)を開催出来るスキー場にもかかわらず、平日の仕事帰りにプラッと立ち寄れるのが何と言っても最大の魅力。
また、料金はナイター乗り放題で400ルーブル(開放日:平日18:00〜21:00)と、とてもリーズナブル(回数券:150R/回)な設定。
一方、最大の難点はマイナス20度を下回ることも珍しく無い寒さ。
そのため、防寒対策は万全に。
中でも、足先、指先の防寒は云うまでもありませんが、頬の防寒も忘れずに。
conv0001.jpg

ナイターは7コース有る内の2コース(中級2250M、初級4200M)を解放。
先ずは、8人乗りゴンドラリフトに乗り込み山頂へ。途中、目に飛び込んでくる幻想的に光り輝くゲレンデ。
conv0006.jpg

第2リフトを乗り継ぎ、さらに上へ。
山頂に到着。眼下にユジノサハリンスクの市街地が見える。市街地を目指し滑走開始。
conv0011.jpg

途中々々、写真を撮り々々、夜景を堪能しながらアッという間にゴール。お疲れ様でした。
conv0016.jpg
posted by ブログ担当 at 16:12| Comment(0) | カルチャー&スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

ユジノサハリンスクの夜景

写真は2月26日、ゴルニィ・ヴォズブフ(山の空気)スキー場からの1枚。
念願叶って、やっと、撮影することが出来ました。
conv0001.jpg
posted by ブログ担当 at 15:03| Comment(0) | 街/ユジノサハリンスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

ネベリスクの座礁船「ナジェージダ(希望)号」は今?

昨年の11月28日未明に、強風に煽られ操船不能となってネベリスクの海岸で座礁した小型タンカー船ナジェージダ号。
一時は、積んでいた重油が漏れ出しネベリスクの海岸線を汚染。
ロシア非常事態省を始め、多くのボランティアの献身的な働きにより、被害は最小限に止まった模様。
海の荒れが収まる春を待って、ナジェージダ号は解体されるとの事。
とにかく、大事故にならず日本への被害もなく何より何より。

解体を待つ現在のナジェージダ号。船体は波しぶきと寒さのため、その多くが結氷している(2/2/2016)。
conv0009.jpg

12月6日のボランティアの賢明な作業によって回収された油ゴミと綺麗になった海岸
conv0010.jpg

船内に残った油の抜き取り作業と、急ピッチに進められていたナジェージダ号へ続く取り付け道路(10/12/2015)
conv0011.jpg
posted by ブログ担当 at 13:39| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする